愛人募集掲示板で出会えなかったら昔の恋人を愛人にしてみよう

人は常に新しいものを求めていますし、それは愛人関係にも共通してみられる心理ですが、時には昔のことを思い出してふと懐かしくなったり、もう一度情熱が再燃したりするときももちろんありますね。

元彼や元カノの存在を気にしている人は少なくありませんし、機会があれあよりを戻したいと思っている人も実際にはかなり多いんじゃないでしょうか。

別れたときはスッキリしていても、後になって他の様々な異性と付き合ってみてから、やっぱり昔の恋人の方が良かったとか昔では気づかない魅力について思うことがあるので、後悔先に立たずとはいっても昔の関係をもう一度やり直したいと考えても自然なことです。

人はその時々で正しい判断ができるとは言えませんし、別れたことに対する後悔の気持ちが強くても、もう一度芽生えた愛情は誤魔化せませんね。

いつもはそんなことは思っていなくてもふと気持ちが弱くなった時や、お酒の作用で昔の鑑賞にふけったりしていると、昔の恋人の顔がなぜか思い出されるときは無いでしょうか。

今は出会ったばかりの時のような新鮮な刺激や魅力は失われていたとしても、時の経過に伴って深く強まっていった親しみや愛情、そして共有している思い出や経験、感情が多ければ多いほど、今でこそ離れているけどあの時もよかったなあと美化されて再現されると思います。

記憶は時とともに何の思い出についても美化される傾向がありますから、何で彼女や彼と別れてしまったんだろうと今更ながらに反省するときもあります。

いったん距離や時間をおいてみてからその相手のありがたみや自分の持っている愛情に気づかされたりもしますし、決して未練がましくてカッコ悪いとは思いません。

昔の恋人に執着しているというよりは、やっぱり色々な経験を積んで最終的な選択肢として残ってしまったと考えたほうが正しいでしょう。

自分の気持ちばかりが相手に向いていても、向こうの方では自分の事などすっかり忘れているかもしれませんし、新しいパートナーとの愛人契約を充実させて他の良んでいるのならこちらが入り込むすきはありませんので、必ずしもその再び湧き上がってきた思いが成就させるわけにはいかないでしょう。

もしもパートナーが相手にすでにできていても、その人の気持ちが少しでもこちらに傾けば、愛人契約としてふたタブチャンスを作るのも可能かもしれませんが、これは少し危険な賭けになりますね。